OA機器販売

【起業のアイデアがでる?】OA機器の営業を経験して感じた6つのメリット

こんにちは,ゲンジ(@genji_jisou)です.

「将来独立する」と決めていたのに,知らないうちに社畜になってしまった人って多いですよね.

僕の友人にもたくさんいます.

挑戦せずに後悔してしまうことだけは避けたい所ですが,家庭環境や家族の事を考えると,中々難しい場合もあるかと思います.

今日はそのような起業したいけど,中々できないという方向けに,起業する前段階とて営業職を経験するメリットを実体験から紹介したいと思います!

少しでも独立、起業に向けて行動したい方の参考になればと思います.

営業と起業に関係があるのか?

大いに関係があります.立ち上げたばかりの企業の場合,(現在の私もそうですが)基本的にはお客さんがいませんので,売上がありません.

ですので,売上を作るために営業をしないといけません.

仕事さえ取ってくれば,あとはそれを外部に委託したり,社内で処理する事もできるので自由です

ゲンジ君
ゲンジ君
売上が立たずに,3年以内に倒産してしまう会社が7割もあるんだよ.(もちろん黒字倒産もあるけど)

僕が学生の時,コンサル会社のインターンに参加していた時,会社経営者が集まるセミナーを開催していました.

そこで知り合った中小企業の社長さん達に将来,独立・起業したい旨をいうと,多くの社長が「まずは,営業や!」と言っていました.それくらい大事なんですね.

独立・起業する業種、業界によっては多少異なる部分もあるかと思いますが,ビジネス・商売の基本は営業と言われる由縁ですね.

営業の種類は5つある

ここでは私の営業経験から営業の種類を解説します.先に言うと,営業には大きく5種類あります.

  • テレアポ営業…電話にて企業や個人宅に商材やサービスを売る営業
  • 飛び込み営業…アポイントなしで企業や個人宅を訪ね歩く営業
  • 紹介営業…既存顧客や個人的な繋がりから新規顧客を紹介してもらう営業
  • 反響営業…セミナーや実演などを実施し、顧客からの問い合わせに対応する営業
  • ルート営業…既存顧客に商材やサービスを売る営業

お客さんの新規開拓で一番きつい営業が、テレアポ営業と飛び込み営業です.

よくブラック企業の営業で,アポイントが取れるまで帰ってくるなとか,エンドレス電話とか言われている部類のものです.

ゲンジ君
ゲンジ君
昭和の時代には,ガムテープで受話器と手をぐるぐる巻きにして,固定した上でテレアポしていたとか何とか…
ゲンジ君
ゲンジ君
ちなみに僕は飛び込み営業とテレアポ営業をメインに営業してました

ルート営業なんかは結構まったり気味です.既存のお客さんを回るだけですので,気は楽ですね.

OA機器販売の仕事はプチブラック?

僕もバリバリの営業をしてみたいという事で,半年間だけOA機器の営業をしたことが過去にあります.もちろん、独立・起業するための準備として期間限定で勤めました.

仕事の詳細については,別途の記事で取り上げる事にして,ここでは簡単に説明します.

■OA機器販売のお仕事概要を5W2Hで説明■

When(いつ) 拘束時間:8〜20時まで(途中休憩1H含む)
外勤時間:9〜18時
8〜9時は発声練習,朝礼。18〜20時はデータ入力,見積りなど資料作成,訪問先リストアップ
Where(どこで) 大阪府全域,たまに他府県もある.
各営業担当地域があり,大阪市内は区単位,大阪市内以外は市単位.
Who(誰が) 担当営業.マネージャーと言われる上司は提案,クロージングのみ.
What(何を) OA機器全般.メインはビジネスホンや複合機,UTMなども扱う.
How(どうする) 新規のお客様への新規導入.もしくは既存機器のリプレイスを行う.
Why(なぜ) お客さんによって様々だが,会社規模の拡大ニーズ.機器の保証期間経過に夜ニーズ.経費を使いたいなどのニーズ.
How Much/How Many(いくら、いくつ) お客さんの業績や業界,雰囲気で変わる.

みてもらえればわかると思うんですが,拘束時間が長いですよね.一般の新規開拓をメインにするOA機器販売の仕事だとこんな感じで,ほとんど差はないかと思います.

もちろん企業によっては,営業エリアを田舎だけに絞っているとか,自動車で回るであったりとか言う戦術の部分では違いはあります

僕が営業して感じた6つのメリット

僕が実際に営業の仕事をしてみて感じたことは大きく6つあります.

友人も同じような事にメリットを感じていたので,間違いないと思います!

  1. 地理に詳しくなる
  2. 物事に動じない度胸がつく
  3. トーク力がつく
  4. 新規開拓で売上を作れた事でやりがいを感じる
  5.  自分のお客さんを作れる
  6.  業界事情や社会情勢に詳しくなれる

それぞれについて説明していきますね.

地理に詳しくなる

これ,外勤営業している人の誰もが感じるメリットだと思います.地域の人しか知らないような小さなお店や,ネットには出てこない店舗など地域の達人になることができます

美味しいお店はここにあると言うような情報もストックできるので,友達や家族に案内することができます.

物事に動じない度胸がつく

初めての場所に行くことも怖く無くなるし,知らない人と話すことにもなれます.

最近では,飛び込み営業も少なくなってきているようですが,個人的には飛び込み営業はある程度はしておいてもいいんじゃないかと思っています.

トーク力がつく

営業は相手の聞かれた質問や内容を理解して,その場の状況なども含めて適切な回答をわかりやすくてする事が求められます.

ですので,業務をする中で確実にトーク力というものが養われます.

新規開拓で売上を作れた事でやりがいを感じる

全くなにもつながりのない人から信用を勝ち取って,売上を立てることは本当に楽しい部分です.0から1を創り上げるやりがいを感じる事ができます.

自分のお客さんを持つ事ができる

新規開拓で売上をあげる事ができた場合は,そのお客さんと仲良くなれる場合があります.

ですので,将来的に自分で独立や起業をした場合に,見込み顧客になります.

業界事情や社会情勢に詳しくなれる

様々な業界の肩と会話をすることになるので,景気がいいとか悪いとか,それぞれのお客さんの持つ情報を聞く事ができます.

ここから,起業するアイデアが生まれる可能性も十分にあると思われます.

ゲンジ君
ゲンジ君
話は別だけど,以前の記事で,総合広告代理店で得られたスキルもまとめてるのでよければみてね.

まとめ

外勤営業をしてみて感じた6つのメリットについて,まとめてみました.

インターネットが普及して,リアルの営業の存在感が薄れる傾向にはありますが,まだまだ営業の基本は新規営業から得られる事が多いと思います.

営業を生涯の職業と考えている方のみならず,独立や起業を考えている方は一定期間,修行という意味で就職してみる事をお勧めします.

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です